[12日 ロイター] - 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は12日、連邦準備理事会(FRB)が12月の会合で利上げを決定する公算は大きいとの考えを示した。CNBCに対し述べた。

同総裁はまた、緩やかな利上げは適切となるとの考えも表明。2018年は3回の利上げが実施されるとの見通しを支持するかとの質問に対しては、「適切に正しいとみている」と述べた。