10月12日、ゼンハイザージャパンが「IE 800 S」「HD 660 S」などの新製品発表会を都内で開催した。会場では同社マーケティングマネージャーの大澤広輔氏が登壇し「製品がもたらす体験・楽しさ・歓びを含めて、ゼンハイザーの商品」と語り、オーディオ体験に関する新たな取り組みを新製品と同時に披露した。

sennheiser
ゼンハイザージャパンのマーケティングマネージャーを務める大澤広輔氏

VRにおける音声表現の可能性

 近年賑わいを見せるVRだが、同社ではVR開発の専門メーカー「DVERSE」との共同プロジェクトを発表。今年2月に発売されたVR向け3Dマイク「Ambeo VR Mic」を使い、8K 360度 3D撮影の映像と「Ambisonics」という形式の360度音声を公開した。

 「PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト・オムニバス)」と名付けられたこの実証実験は、VR空間での立体音響シミュレーションと、ハイエンドな音響システムによる没入感の向上が目的。その第一弾として、京都建仁寺 両足院副住職を務める伊藤東凌氏の協力により、非公開の阿弥陀如来本堂と名勝庭園指定の大書院でVR映像と立体音声の同時収録を実施したという。

sennheiser
2月に発表された「Ambeo VR Mic」を紹介

 普段はビジネス向けソフトウェア「SYMMETRY」の開発をしているDEVERSE、登壇した同社代表の沼倉正吾氏は「VRの課題として、視覚の次に聴覚へ取り組む」と宣言。日常生活にあふれる木々のざわめきや都会の喧騒などを立体的に再現することで、臨場感や没入感を向上させることを目指しているという。

 ただしその方針は、「その場の雰囲気をそのまま伝える」という従来的なものにとどまらず、現地の音声と“その場になかった音”をミックスし、エフェクトを加えてさらに没入感を高めるというもの。沼倉氏は「実地収録にインパルスレスポンスと3D CADによる空間シミュレーションを加えて、より没入感を高める」と、プロジェクトの特徴を語った。

sennheiser
DEVERSE代表の沼倉正吾氏
sennheiser
sennheiser
京都の建仁寺でVR収録。非公開エリアでのVR収録は世界初だという

 これに加えて大澤氏は、3Dオーディオによる表現の可能性を指摘。空間の広さ調整や、意識を向かせたい場所の音声強調、さらにカラスや虫、風の音といった、収録現場には無い音の意図的な追加により、VR映像と立体音声の組み合わせに新たな価値観を導入すると意気込む。原音に忠実なのはもちろん、面白みを増やすために意図を持って制作者が手を加える/改変する。映像/ゲームコンテンツの今後の動きとして、こうした方向性を提案してゆくという。

 「今回収録した映像はYouTubeで公開いたしますが、これはただ単に8K 3Dカメラに360度音響を乗せただけのものではありません。製作者の意図をより深く伝えられる音とは? エンタメとして愉しい音とは? より没入感を高める音とは? VRマイクを世に出したメーカーとして、360度+3Dオーディオの可能性を探り、そのあり方を提案・先導していきます」(大澤氏)

sennheiser
sennheiser
立体音声に手を加えることで、VRの表現はまだまだ拡がる

丈夫で芯が通る、ヴォイスパーカッション向きマイク

 発表会では日本ヒューマンビートボックス協会主催の「Japan Beatbox Championship 2017」公式スポンサーになったことも報告され、大会公式マイクとして「e945」が採用されることが発表された

 ビートボックスとは口だけで楽器の音を鳴らして音楽を創るアメリカ発祥のストリートスポーツ、いわゆるヴォイスパーカッションによる対戦競技。プレーヤーは「ミュージックアスリート」と呼ばれ、1対1でパフォーマンスを披露し合って優劣を競う。道具はマイクだけで言語を介さないため国境を超えられ、老若男女を問わずに競技に参加できるという。

sennheiser
sennheiser
日本ではバラエティー番組のコーナーで一躍有名になったヴォイスパーカッションが、ストリート文化と融合して格闘技に。今では世界大会も開かれている
sennheiser
ヴォイスパーカッションに合うというマイク「e945」。強いアタックなどでドラム音を表現するため、頑丈で指向性の強いものが好まれる

 発表会には同協会の代表理事を務める和田辰也氏が登壇。一般的な音楽用途では、マイクにダメージが入るということは無い(このためスタジオユースのコンデンサマイクはデリケートで高感度)が、アタック音が強いビートボックスは耐久性が重視されると、その特異性を指摘。選定にあたっては普段はプレーヤーとしてもパフォーマンスする和田氏が自ら様々なマイクをテストしてe945を採用したという。

 「2009年にベルリンで開催された世界大会で、日本の体制を整える必要性を痛感したのが協会設立のきっかけです。今年で8年目となりますが、競技はお陰様で日本大会でのトップ3がそのままアジア大会でも上位を独占するまでに発展してきました。

 音楽とスポーツの要素が混ざるビートボックスにおいて、マイクはプレーヤーにとっての極めて大切な環境の一部です。例えばフィギアスケートの選手の場合、厳しい練習の成果を発表する大会でリンクが荒れているということはあり得ないですよね。e945は耐久性が高く、指向性が非常に強く、音にも芯が通るため、海外のプレーヤーからも高く評価されています。こうした環境の整備が、競技のさらなる発展に非常に重要だと考えています」(和田氏)

sennheiser
大会は1対1のトーナメントバトル。プレーヤーは「ミュージックアスリート」と呼ばれる
sennheiser
代表理事を務める和田辰也氏は自身もミュージックアスリート。マイク選定は自ら多くのマイクを“試奏”したという
sennheiser
sennheiser
ワールドワイドで進められてきたコーポレートロゴの変更も発表。年内に青山のショールームやウェブサイトを更新するとしている