4K(2400万画素)の撮影に対応した、Insta360ブランドの360度カメラ「Insta360 ONE」がアキバの各店で販売中だ。取り扱っているのはオリオスペックとツクモパソコン本店で、価格は4万2999円。

「Insta360 ONE」
「Insta360 ONE」
Insta360ブランドから、全天球カメラの新モデル「Insta360 ONE」が登場。約4.3万円にて販売がはじまっている

 360度カメラのブランドとして定評がある、Insta360ブランドから登場した新モデル。静止画6912×3456ドット、動画3840×1920ドット(30fps)、スローモーション動画248×512ドット(120fps)の撮影が可能だ。撮影者を中心とした360度の“マトリックス動画”が撮れる「バレットタイム撮影」も可能だ。

 また、360度動画を固定した視野角で1080p動画に変換できる「FreeCapture技術」を採用。スマートフォン内蔵のジャイロと連携して、従来より滑らかに撮れる6軸ジャイロスコープ手ブレ補正機能も備える。

「Insta360 ONE」
「Insta360 ONE」
マトリックス動画風の「バレットタイム撮影」など、新機能を搭載。手ブレ補正も進化している

 本体は約82gの軽量設計で、標準的な1/4―20ネジ穴を搭載。自撮り棒に装着した場合、映像に自撮り棒自体が映らないという新機能にも対応した。

 なお、対応OSはiOS 9.0以降のiPhone 7/7 Plus/6s/6s Plus/6/6 Plus、iPad Pro(9.7インチ)/iPad Pro(10.5インチ)/iPad Pro(12.9インチ)/iPad Air 2で、接続インターフェースはBluetooth 4.0。録画メディアは最大128GBのmicroSDカードで、コネクターはLightning、microUSB(充電用)を備えている。

【関連サイト】

【取材協力】