[マドリード 16日 ロイター] - スペインの通信社であるスペイン通信(EFE)によると、同国のカタラ法相は16日、プチデモン・カタルーニャ自治州首相から寄せられた先週の独立宣言に関する回答について、有効ではないと述べた。

プチデモン同州首相は16日にラホイ・スペイン首相に送った書簡で、先週の独立宣言が正式なものだったかは明確にせず、州政府と中央政府が2カ月以内の協議開始に向けてできるだけ早期に会談するよう訴えた。

ラホイ首相はプチデモン氏に対し、16日午前10時(日本時間午後5時)までに独立宣言について立場を明らかにするよう求めていた。また、あいまいな回答だった場合は独立宣言がなされたものとみなすとしていた。