[ブリュッセル 16日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡り、メイ英首相と欧州委員会のユンケル委員長は16日、協議を加速させる必要があるとの認識で一致した。デービス英離脱担当相とバルニエEU首席交渉官も交え、ブリュッセルで夕食を共にした。

会談後に発表した共同声明では、離脱交渉の「進捗状況を確認し、今後数カ月間で取り組みを加速させるべきだとの考えで一致した」と表明した。

声明の内容以外に会談の詳細は明らかにされていない。

トゥスクEU大統領はこの日、今週開かれるEU首脳会議の声明草案の修正案を各国に提示した。修正案では、12月の次回EU首脳会議後、間もなく通商協議に入る機会を英国に与える案を維持しながら、独仏の立場を考慮し、英国が清算金などについてEUの要求に応じることが条件になると強調している。

メイ首相の報道官は会談前、清算金に関する質問への返答で、首相がより具体的な提案をしないことを示唆した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)