[ワシントン/東京 17日 ロイター] - 米ホワイトハウスは16日、トランプ大統領のアジア歴訪を含む11月3─14日までの外遊日程に関する声明を公表した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮情勢を巡る緊張が高まる中、アジア各国首脳との会談を通じて連携を強化したい考え。日程は9月29日に発表済みだったが、旅程の詳細が明らかになった。

声明によると、トランプ大統領は11月3日にハワイを訪れた後、5─7日まで日本に滞在する。安倍晋三首相との首脳会談に加え、北朝鮮による拉致被害者の家族とも面会する。

7日は韓国の文在寅大統領と会談を行うほか、国会でも演説する見通しで、「北朝鮮に最大限の圧力をかけるための協力を国際社会に呼びかける」という。8日は中国で習近平国家主席と会談する。

10日にはベトナムのダナンを訪れ、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。翌11日は首都ハノイで、チャン・ダイ・クアン国家主席との会談に臨む。

最後に訪問するフィリピンでは、12日にマニラで東南アジア諸国連合(ASEAN)創設50周年の記念行事に出席し、13日は米ASEAN首脳会議に参加する。同国のドゥテルテ大統領との会談も行われる。

(梅川崇)