[北京 17日 ロイター] - 中国軍制服組トップである中央軍事委員会副主席に習近平国家主席(軍事委主席)と親しい人材が昇進する見通し。関係者4名が述べた。

習氏と直接つながりのある3名を含む複数の関係者がロイターに明かしたところによると、軍高官の1人である張又侠氏(67)が少なくとも2人いる軍事委副主席の1人になる見込み。18日から始まる第19回共産党大会中に退任予定の范長龍氏の後任となる。

もう一人の副主席である許其亮氏は続投するという。

中国国防省からのコメントは得られていない。

一部の関係者は、共産党が軍事委副主席の人数を2人から4人に増やす一方、他の委員の人数を現在の8名から減らす提案を検討していると述べた。

また3名の関係者によると、張氏は共産党の政治局員25名にも選出されるという。

習氏に近い関係者の1人は、習氏と張氏は父親同士が1949年に終結した内戦でともに戦った仲であり、「第2世代(習氏と張氏)も親しい関係にある」と述べた。