ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
長期的視野と短期的視点とで取るリスクは異なるので区別して考えよう

 厳しい投資環境の中でも上昇するファンドは必ず存在する。ここでは、リスクが高い時期に重要となる「投信」選びの4つのポイントとを紹介しよう。

■ポイント1 
高リスク新興国株投資か、低リスクの分配金狙いに徹せよ!

 現在のファンド選びにおいて重要なこととは何か? それは、長期的な視野で選ぶことでリスクを取る投資と、今どうなのかという目先の動向にも注意を払わなければいけないリスクを抑えた投資をキチンと区別することだ。

 こう考えると、前者にあたるのが、まさしく新興国株への投資。この先数年はもたもたした動きでも、5年後、10年後を見通せば経済成長の確率が高いと思える市場にリスクを取って投資するなら、今こそ本当のチャンスなのだ。

 そして、後者にあたるのが毎月分配型への投資。相場が悪いときに再投資を選ぶと複利のマイナス効果が発生していしまうので下落不安の大きいときは、分配金をこまめに受け取ることが資産防衛につながることになる。

■ポイント2 
株式と債券への分散でも効果が薄い点に気をつけろ!

 株式と債券が異なる動きをするのであれば、分散投資の意味は非常に大きい。しかし、現状では欧州の国々や米国といった先進国に財務不安が広がっており、今後の展開次第では非常に危機的な状況と言えるだろう。

 こうした状況下では、株式も債券もそろって下落してしまうのも仕方がないところだ。今、注意しなければならないのは、これまでどおり株式と債券に分散しているというファンドを持っていても、分散効果が得られにくいため、効率的な投資とならない可能性が高いという点。

 タイプ別の資金の流出入の動向を見ても、バランス型を売却し、政府の財政との関連が小さいリート型にシフトするなど、多くの個人投資家がこのことに気がついて、すでに行動を起こしていることが見てとれる。

1
nextpage
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待カタログ
長期で狙う超成長株
1億円投資家の必勝法

6月号4月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【下落相場に強い優待株や成長株が満載】
・全掲載!株主優待完全カタログ
6大人気優待株の高利回りベスト18
初値2倍ほぼ日は買いか売りか!?
・10年続くテーマ!「超」成長株
IoT人工知能、物流関連の注目株
最強の投資信託に学ぶ日本株入門
1億円投資家の「これだけ必勝法
・小売り株、増配株、底値株で勝つ
個人型確定拠出年金の販社ベスト5
・3大トレンドで選ぶ今買い投資信託
・「超低コスト投資信託の最新情報
トランプ相場後正しい儲け方
格安スマホ会社別の通信料を大比較
桐谷さん株主優待勝つ5つのワザ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事

DOLSpecial

underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus

ゴルフ情報サイトOPEN
【ゴルフ情報サイトOPEN】
名門ゴルフ場でプレー 半蔵門ゴルフ倶楽部 名門の条件 東京ゴルフ倶楽部 他
「買い時!」ならば物件探しを
【「買い時!」ならば物件探しを】
新築・土地・中古の物件情報や、住まい探しのノウハウを公開中!

話題の記事

週刊ダイヤモンド

特大号・特別定価号を含め、1年間(50冊)市価概算34,500円が、定期購読サービスをご利用いただくと25,000円(送料込み)。9,500円、約14冊分お得です。さらに3年購読なら最大45%OFF。

ハーバード・ビジネス・レビュー

詳しくはこちら

1冊2,000円が、通常3年購読で1,333円(送料込み)。割引率約33%、およそ12冊分もお得です。
特集によっては、品切れも発生します。定期購読なら買い逃しがありません。

ZAi

詳しくはこちら

年間12冊を定期購読すると、市販価格7,150円が6,600円(税・送料込み)でお得 です。お近くに書店がない場合、または売り切れ等による買い逃しがなく、発売 日にお手元へ送料無料でお届けします。
※別冊・臨時増刊号は含みません。

Keyword

ダイヤモンドZAi 注目記事!

ダイヤモンド・ザイの最新号から注目記事をオンラインで全文読めるようになりました。その他、ネット証券に関するニュースや使いこなしガイドなど、投資に関する情報を日々お届けしています。

「ダイヤモンドZAi 注目記事!」

⇒バックナンバー一覧