[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米ニューヨーク(NY)連銀のダドリー総裁は18日、税制を簡素化、広範化することで企業投資が促進されると同時に生産性が向上し、米経済の全般的な成長につながるとの考えを示した。

同総裁は現行の税制は負担が大きい上に複雑と見られており「生産性を向上させるものではない」と述べた。

ダドリー総裁はまた、米国のインフレ見通しに対しドルは中立的となっているとの考えを示したほか、保護主義に反対しているとの立場も示した。