[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPナウ」によると、第3・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率2.7%となった。

朝方発表された9月の住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったものの、「GDPナウ」による成長率見通しは10月13日時点の予想から横ばいとなった。