[シンガポール 19日 ロイター] - アジア時間19日午前の取引で、原油先物は上昇。石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国による協調減産や中東情勢の緊迫化のほか、ハリケーンの影響による米国内の原油生産の減少が相場を支えている。

0029GMT(日本時間午前9時29分)時点で北海ブレント<LCOc1>原油先物は1バレル=58.25ドルと、前日清算値を0.10ドル、0.2%上回る水準。

米原油先物<CLc1>は0.07ドル(0.1%)高の52.11ドル。

米エネルギー情報局(EIA)の週報によると、13日までの1週間の米原油在庫は前週比570万バレル減の4億5649万バレルとなった。

原油生産は日量840万バレルと、前週から11%減少し、2014年6月以来の低水準だった。ハリケーン「ネイト」の影響で多数の石油掘削リグが稼動を停止したことが理由。

中東を巡ってはイラク中央政府とクルド自治政府の軍事衝突や米国が対イラン制裁を再発動する可能性について懸念がある。これに加え、OPECが来年3月に期限を迎える減産合意を延長する見通しであることから、アナリストらは需給がさらに逼迫(ひっぱく)すると予想している。