[北京 19日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は19日、過度の楽観姿勢が資産価格の急落を引き起こさないようリスク回避に努めると述べた。

また企業の債務は比較的高水準で家計債務も急速に膨らみつつあると指摘し、人民銀は資産バブルの急激な調整によるリスクを制御し、地方政府の傘下機関による借り入れの問題に真剣に取り組むと表明した。

周総裁は中国共産党大会に伴う会議で「劇的な調整を防ぐことに集中すべき」と指摘。資産バブルの急激な調整リスクをコントロールするとした。

さらに、地方政府の融資平台(資金調達のためのプラットフォーム会社)の債務問題に真剣に取り組むとしつつ、中国全体の債務水準は当局が信用に対する厳しい管理を維持する限り低下すると述べた。