数多くあるVRヘッドセットのなかで、どんな製品がオススメなのかを探る本記事。今回はGalaxyシリーズのスマホに対応した「Gear VR with Controller」を取り扱う。価格は1万4780円(Amazon.co.jp)。

mogura

 本製品は、PC向けVRヘッドセット「Oculus Rift」を提供するOculusがサムスンと共同開発しているVRゴーグル。値段は張るものの、非常に高品質な体験が可能だ。専用のコンテンツストアである「Oculus Store」を通して、多数の360度コンテンツを利用できることも特徴。ただし、Galaxyのスマートフォンにしか対応していない点は注意が必要だ。

mogura

精度が高く操作しやすいハンドコントローラー

 本製品には専用のハンドコントローラーが付属している。通常のスマホVRでは視点移動やタップなどが主な操作方法だが、本製品ではこのハンドコントローラーを使用することで、より直感的かつ明確な操作が可能。

mogura
表側にはクリックが可能なタッチパッドや戻るボタン、ホームボタン、そして音量ボタンを備えている。裏側にはトリガーボタンも搭載

 ハンドコントローラーと本体はBluetoothで接続する。ペアリングする必要があるのが少々手間だが、精度が高く快適な操作ができる。コントローラーなしの操作はゴーグルの横にセットされているタッチパッドやボタンになるので、コントローラーを使うことで、操作のたびに腕をいちいち動かす必要がなくなるのはうれしい点である。動画の再生/一時停止や音量調整、そのほか画面切り替えなどのときに、従来のスマホを使用したVRゴーグルとは大きく異なり、座ったまま腕を上げることなくVR体験ができる。

mogura
右側面から見たところ。コントローラーがあればこのタッチパッドを使う必要もなく、手軽な操作ができる

 スマホの装着機構は、ほかのVRゴーグルと比べるとひと手間かかる。本体前面のカバーを外し、左右のツメ(デバイスロックボタン)をずらしてから、向かって左側のツメの根本にある端子にスマホを接続する。スマホのサイズによっては、固定のためにツメをスライドする必要がある。

 Galaxy S8などの場合は下の写真の「A」、S6などの場合は「B」にセットするときちんと固定できる。今回はGalaxy S6を「B」に装着してみた。やや手間がかかるもののガッチリとホールドされており、ズレることはほとんどなかった。

mogura
この端子部分に接続するとセットアップが始まる。一度取り付けてセットアップ画面になった後取り外す必要がある

 端子はツメ部分と一体化しており、この部分は取り外しが可能。パッケージにはUSB Type-C端子とmicro USB端子の2種類が同梱されており、装着するスマートフォンに対応したものを選んでセットする。ディスプレーとの距離を調節するためのダイヤルは上部に取り付けられている。IPD(瞳孔間距離)の調整機能が搭載されていないのは惜しい。

専用ストアとコントローラーの相性は◎、非常に良質な体験ができる

 Gear VRではAppStoreやGoogle Playからコンテンツを入手するのではなく、専用ストアであるOculus Storeから動画やゲームを閲覧・購入する。まず対応しているスマホをコネクターに接続し、音声が鳴って画面が切り替わったら一度取り外す。その後Facebookのアカウントで認証し、再度Gear VRにスマホをセットして準備完了だ。

mogura

 今回はOculus Homeからアプリ「Samsung VR」を起動し、360度動画を複数視聴した。レンズ越しの発色は非常に良く、視野角も広い。光が漏れてくることもないため、没入感も良好。Gear VRに搭載されているジャイロおよび加速度センサーにより、トラッキングもしっかりしている。VRゴーグルの中でも非常に高クオリティーな体験ができるという印象だ。一方で質の高さを実現するためか、CPUの負担が大きいようで、長時間使用しているとスマホが熱を持つことには注意が必要である。

mogura

 専用のホーム画面である「Oculus Home」は非常に快適。一般的なモバイル向けのVRゴーグルでは、別の動画を見たり異なるアプリを起動したりする際は、一旦スマホをVRゴーグルから取り外す必要がある。それがGear VRではOculus Homeを経由してほかの動画やアプリへシームレスに切り替えられるため、取り外しの煩わしさがなく、没入感が途切れない。切り替えの際にゴーグルをさなくていいのは本製品の大きなメリットである。

 本製品はモバイルVRとしては非常に高い品質を持ち、またコントローラーによる直感的な操作を実現している。Galaxyシリーズにのみ対応していることや、値段がやや張るといったハードルはあるものの、それに見合うだけの没入感のある快適な体験が可能なVRヘッドセットだ。高品質で快適なモバイルVRを求めるユーザーにオススメしたい。

■関連サイト