[17日 ロイター] - 中国経済が急速に成長するなか、習近平氏が国家主席になった5年前の2012年に大学を卒業して就職した「2012年組」の若者たちは、親や祖父母の世代が夢見た以上の食べ物や衣服、快適さや機会を得て育った。

「バブル世代」とも言える彼らは、旧世代のように「吃苦(苦しみに耐える)」を経験したりはせず、総じて明るい見通しをもつことができた。また、彼らの生活は、膨張する人口を抑制するため1970年代から行われていた「一人っ子政策」によって築かれている。

彼らはこうした「ジェネレーションギャップ」をどう感じているのか。また、人生で何を望んでいるのか。若者たちに聞いた。

●Wu Qiongさん(外資系銀行勤務)

「この世界を知るようになったとき、すでに世界は変わった後で、比較的発展していた。どんどん良くなっていくのを目の当たりした。それは、単に問題ないとか、再建とかいうレベルではなかった。変革されていくのを目撃してきた」

「私たちの世代は『吃苦』を全く味わったことがない」

●Fu Shiweiさん(大学教員アシスタント)

Fuさんは、自分の世代が、企業や国中でリーダーシップを取ることに自信を示す。

「(旧世代との)大きな違いは、選択を迫られたときに、私たちの世代の方が勇気ある決断ができると思う。私たちの方がオープンマインドでもある」

●Zhang Yulinさん(ゲームデザイナー・既婚者)

「私たちの世代にかかるプレッシャーは相当大きい。私たちは皆、『一人っ子』だから、親の介護など、プレッシャーは非常に大きい。私たち夫婦は親4人の面倒を見なくてはならない。住宅費もとても高い。仕事は競争が激しい。頑張らないと、負けてしまう」

●Zheng Yueさん(インテリアデザイナー)

「一人っ子特有の気質がある。自分自身のことしか考えない。他者への思いやりや責任感に欠けている」

「社会は浅はかすぎる。カネが精神的なよりどころとなっている。カネさえあれば、多くの人は安心する。でも、それは精神の源ではない」

●Qi Jingさん(共産党青年団の支部リーダー・湖北省の武漢育ち)

「大学入試の時期にとてもプレッシャーを感じていたとき、母が父の仕事について話してくれた。父が初めて武漢にやって来たとき、身寄りはなく、ポケットに5元(約85円)が入っているだけだった。住むところもなく、公園で寝泊まりしていたという」

「現在のジレンマは、ある年齢に達すると、機会がどんどん失われていくことだ。特に女性の場合、仕事での選択や、仕事か家族の選択を迫られる。そして多くのことをあきらめることになる。若いころにはやりたいこともあって、『挑戦してみよう』と思うかもしれない。でも今は、そうしたことを徐々にあきらめて、安定を求めるべきだと感じている」

●Wang Siyueさん(インターネット教育企業勤務)

「正直言って、今後5年に何が起きるか想像なんてできない。計画を立てても、世界は予測不可能だ。人の幸不幸はバランスがとれているという意味のことわざがある。最初は幸運でも、それが続くとは限らない。私は運命を信じる」

●Zhang Weixuanさん(ソフトウエア会社勤務)

「私のチャイナドリームはいたってシンプルで、大都市で自身を確立すること。私は昨年、北京の『戸口(戸籍)』を取得することができた。今後、ここで結婚して家庭を築きたい」

「仕事もうまくいくことを願っている。2年以内に、あるいは今、小さなマンションを購入したい。そうすれば自身を確立することができる。そうなれば、かなりいいと思う」

(翻訳:伊藤典子 編集:山口香子)