[東京 22日 ロイター] - 希望の党の小池百合子代表は22日、出張先のパリで記者団の質問に答え、衆院選の出口調査で振るわない結果が出ていることについて、非常に厳しい結果だと述べた。

また、その要因として「これまでの言動で、不快な思いを抱かせたことは申し訳ない」と語った。

さらに、1人でも有為の候補者が当選して欲しいと述べた。

(田巻一彦)