[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席が今回の共産党大会で権力基盤をさらに固めることを踏まえ、来週の首脳会談で同主席に対して、北朝鮮の核問題への対応で一段の協力を迫る見通し。米政府高官が明らかにした。

大統領は3日から日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問する。1月の大統領就任以来、初のアジア歴訪となり、各国首脳との会談を通じて緊迫化する北朝鮮情勢への対応を協議することは優先課題のひとつ。

現在北京で開催中の共産党大会で、習近平国家主席への権力集中は一段と加速する。トランプ大統領は、北朝鮮問題の解決で習近平国家主席が発揮できる力は前よりも拡大するとみている。

政府当局者は、中国が北朝鮮への対応で「言い訳」をする余地はないと大統領は考えていると説明。北朝鮮問題の解決に向け、中国に積極的な関与を求める意向だと明らかにした。