[ブリュッセル 21日 ロイター] - 欧州連合(EU)のトゥスク大統領はユーロを採用していないEU加盟国もユーロ圏の改革を巡る協議に加わるべきとの見解を明らかにした。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)へ送った書簡をロイターが入手した。

トゥスク大統領はユーロ圏の改革に関するEU首脳会議を12月15日に開催することを英国を除く全加盟国に呼び掛けたとし、ユーログループに準備を進めるよう要請した。

首脳会議ではユーロ圏の統合深化に関する協議を開始する。具体的にはユーロ圏共通の予算や財務相、議会の創設などが議題になる見込み。