[モスクワ 22日 ロイター] - ロシア次期大統領選への出馬を目指す反体制指導者で、無許可で集会を組織した容疑で先月下旬に逮捕されていたアレクセイ・ナワリニー氏が22日、釈放直後に政治集会を開き、引き続き出馬を目指す方針を示した。

同氏は無許可で集会を組織した罪で先月下旬に逮捕され、禁錮20日の刑を受けた。同氏が逮捕されたのは今年3度目。

ナワリニー氏は41歳の弁護士。プーチン大統領を激しく批判している。

ロシア中央選挙管理委員会は、ナワリニー氏は有罪判決を受けたため大統領選に出馬する資格はないとしているが、同氏は政治的な動機が背後にあると反論している。

プーチン大統領は、大統領選に出馬するかどうかは決めていないとしているが、出馬は広く予想されている。

世論調査では、プーチン氏の圧勝が予想されている。