[ロンドン 23日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)が23日発表した10月の製造業受注指数<GBCBIO=ECI>はマイナス2と、予想に反して約1年ぶりの水準へ低下した。ただ、長期平均は引き続き上回った。

昨年11月以来の低水準。ロイターのまとめた市場予想はプラス9だった。9月はプラス7。

生産見通しに関する指数はプラス28からプラス19へ低下し、4月以来の低水準となった。輸出受注の伸びは、7月以来の水準に鈍化した。

CBIのチーフエコノミスト、レイン・ニュートンスミス氏は「生産と受注の伸びは引き続き歴史的平均を上回っており、技術革新や訓練に対する投資計画が持続しているのは楽観的材料だ」と指摘。「ただ、過去3カ月にわたり製造業活動は概して軟化しており、投資の見通しはより抑制されてきている」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)