[オスロ 23日 ロイター] - ロンドンやパリ、ロサンゼルスなど世界の主要12都市が23日、温暖化ガスを排出しないゼロエミッション車以外のバスの購入を2025年以降停止し、2030年までに各都市の中心部を排出ゼロにする方針を明らかにした。

排出ゼロの実現に向け、徒歩や自転車・公共交通機関の利用を促す。

12都市は、温暖化ガスの排出削減に取り組む世界の大都市間のネットワーク「C40」の参加都市で、上記のほかにケープタウン、コペンハーゲン、バルセロナ、キト、バンクーバー、メキシコ市、ミラノ、シアトル、オークランドが含まれる。

排出ゼロ地区の設置は、公園や歩行者専用エリア、電気自動車・水素燃料車専用道路の拡大などにつながる可能性がある。

C40の試算によると、12都市で運行されているバスは合計5万9000台にのぼる。