10月23日、トランプ米大統領の就任から9ヵ月、重要選挙公約の実現に向けた具体策がようやくお目見えした。写真は「国境の壁」の試作品。サンディエゴ近郊の国境付近で撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[サンディエゴ(米カリフォルニア州) 23日 ロイター] - トランプ米大統領の就任から9ヵ月、重要選挙公約の実現に向けた具体策がようやくお目見えした。不法移民阻止のため、メキシコとの国境に築くとしていた「国境の壁」の試作品だ。

 米サンディエゴにあるオタイ・メサ国境検問所から数キロ離れた地点に、高さ最大9メートルのコンクリートや鉄製の8種類の壁がそびえ立った。トランプ大統領は、カリフォルニア州からテキサス州まで、メキシコ国境の全区間沿いに建設すると公約している。

 1ヵ月かけて建設された試作品が実際に採用されるかは分からない。米議会は、いまだ総額216億ドル(約2兆4000億円)に上る壁建設費用の予算計上には消極的な構えを見せている。

 米国境警備隊の担当者は23日、トランプ大統領の公約が動き始めたことを歓迎した。国境の壁建設は有権者の大きな支持を集め、大統領選勝利の要因の1つとなった。

「現在の設備は、設置から20年以上経過している」。国境警備局サンディエゴ支部の警備担当者ロイ・ビラリアル氏は記者団を案内しながらそう語った。「改修は必要だろうか。もちろん必要だ」

 現在は、メキシコとの国境3058キロメートルのうち、1052キロメートルに1重もしくは2重、3重のフェンスが設置されている。サンディエゴにある高さ約5.5メートルの2重目のフェンスは、過去3年間で2000件近い侵入を許してきたという。