10月22日、人権団体によると、胡佳氏は、北京で18日から1週間の日程で開催されている第19回中国共産党大会の期間中に、当局によって拘束、監視強化、もしくは「休暇」に出された数十人の活動家の1人だという。写真は共産党大会を前に北京の天安門広場付近をパトロールする警察官。13日撮影(2017年 ロイター)

[北京 22日 ロイター] - 北京を拠点とする中国の著名な人権活動家の胡佳氏は、中国政府が提供してくれる「休暇」の行先として南部の都市厦門を希望したが、公安当局者は首を縦に振らなかった。

「今回はもっと人里離れたところに行けと言われた」。滞在先である南西部の雲南省から、胡氏はロイターの電話取材にそう語った。風光明媚で多彩な少数民族文化がある雲南省は、観光客の人気スポットだ。

 人権団体によると、胡氏は、北京で18日から1週間の日程で開催されている第19回中国共産党大会の期間中に、当局によって拘束、監視強化、もしくは「休暇」に出された数十人の活動家の1人だという。5年に1度開かれる党大会では、習近平総書記(国家主席)が権力の掌握をさらに進めるとみられている。

 強制休暇に際し、胡氏は2人の政府監視人と一緒に行先を決めた。最初の行き先として古い町並みが残る雲南省大理市を胡氏が提案し、監視役として同行する公安部職員が、2番目と3番目の行き先を選んだ。南部の貴州省貴陽市と沿岸部の北海市だ。

 胡氏は3人分の旅費は1万元(約17万円)近くになるとみているが、費用は当局が全て支払う。監視人は旅費を節約しようと安いホテルを選び、バスを移動手段にした、と同氏は言う。

 党大会終了から数日後の10月28日、胡氏は飛行機で北京に戻る予定だ。