ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ザ・世論 ウィークエンド投票箱

欧州危機でますますの円高
史上最大規模の為替介入の是非

【第51回】 2011年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー

「マスコミではこう報じられているけど、実際みんなはどう思っているのか?」当連載「ザ・世論 ウィークエンド投票箱」では、毎週のホットな話題についてDOL読者の“いまの気持ち”を、おなじみの投票システムを通じて探っていきます。是非ご参加ください。

 今週は10月31日(月)に、政府・日銀が為替介入を実施。その規模は8兆円とも10兆円ともいわれ、過去の介入額の2倍を上回る大規模なものとなりました。対ドルで75円台をつけていた円は一時、79円台の円安にまで値を戻しました。産業界からは歓迎の声が相次いだものの、一方で日本単独での介入は長続きしないとの意見や、ドル買いにより「含み損」が生じ財政を傷めるなどの観測もあります。あなたはこの為替介入をどう考えますか?下記の関連記事もご参照のうえ、是非アンケートにご参加ください。

為替介入効果が長続きしない理由
日米マネー量の相対比が円ドルレートを左右する

(高橋洋一の俗論を撃つ!)

国際協調と国益の時に困難なバランス、
その狭間の円売り介入

(JAPANなニュース 英語メディアが伝える日本)

ドル/円は78円台後半を維持できれば介入は成功か。
83円を目指す「秋の大相場」も

(吉田恒のデータが語る為替の法則)

ギリシャ破綻回避でも払拭されないユーロリスク
“とばっちり”の円高がまだまだ終わりそうにない背景

(今週のキーワード 真壁昭夫)

円高対策=海外進出は、本当に“対策”か
――神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊

(DOL特別レポート)

新興国信仰が招いた志の低下
円高を乗り切るには
世界が「あっ」と驚く商品をつくれ
――早稲田大学ビジネススクール教授 遠藤 功

(DOL特別レポート)

 質問と選択肢は、以下の通りです。

(1)あなたは今回の為替介入に賛成?反対?
   賛成
   反対
   どちらとも言えない

(2)政府・日銀は今後も為替介入を実施すべきだと思いますか?
   実施すべき
   実施すべきでない
   どちらとも言えない

 投票〆切は、11月6日(日)の深夜0時です。ぜひ、あなたの清き一票を!

 なお、この問題に関する読者のみなさま同士の議論の場として、ツイッターのハッシュタグ「#dol_seron」も設定させていただきました。ご活用ください。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論 ウィークエンド投票箱

「マスコミではこう報じられているけど、実際みんなはどう思っているのか?」この連載では、毎週のホットな話題についてDOL読者の“いまの気持ち”を、おなじみの投票システムを通じて探っていきます。ふるってご参加ください!

「ザ・世論 ウィークエンド投票箱」

⇒バックナンバー一覧