[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比94円96銭高の2万1900円13銭となり続伸。連日で取引時間中の年初来高値を更新している。前日の米国株市場で主要3指数が反発、円相場は弱含むなど良好な投資環境を背景に買いが先行した。

世界的な株高により、リスク許容度の拡大が続く海外勢の買いが継続している。国内の企業決算に対する期待も支えになっている。業種別では、保険、銀行、機械がしっかり。半面、食料品、医薬品はさえない。