[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツの緑の党の幹部は25日、予備的な連立協議を行っているキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)、自由民主党(FDP)、緑の党のいずれも、マクロン仏大統領が提唱したユーロ圏共通予算構想を支持していないことを明らかにした。

同幹部はロイターに「(連立協議に参加している)どの政党も、ユーロ圏共通予算は支持していない」と発言。「緑の党は、現行の欧州連合(EU)予算の枠組み内でのインフラ投資拡大を模索する案は支持する」と述べた。

また、緑の党のジェム・オズデミル党首はドイチュラントフンク・ラジオに対し、連立協議には「まだ長い時間がかかる」との見通しを示した。