[東京 25日 ロイター] - 茂木敏充経済財政担当相は25日、月例経済報告等に関する関係閣僚会議後に記者会見し、「企業収益がさらなる賃上げや投資につながるような政策手段を取っていく」と述べた。物価動向に関しては「川上の企業物価の上昇が、川下の消費者物価に波及することを期待する」とし、政府・日銀で連携を進める考えを示した。

茂木経財相はまた、潜在成長率の引き上げが「一番大きな課題だ。サプライサイドの改革で引き上げを図っていきたい」とも語った。

(梅川崇)