+Styleは10月25日、東京・新宿にある新宿タカシマヤにて、新たに取り扱う製品やプロジェクトについての発表会を開催した。

+Style
発表会では計19製品が発表された。写真はスマホ美顔器の「NOFL Smart」

 +Styleは、ソフトバンクが運営する消費者参加型プラットフォーム。海外で販売されているIoT製品やデジタルガジェットなどをいち早く手に入られるほか、製品の開発計画や概要を公開してユーザーから意見を募りながら製品化を進めるプランニング、製品の国内発売に向けて資金を募るクラウドファンディングのサービスを提供している。

 最初に+Style事業責任者の近藤正充氏が登壇し、+Styleのこれまでの取り組みを紹介。今年の5月から6月にかけて開催した伊勢丹メンズ館(東京・新宿)でのイベントも大盛況だったそうで、常設の売り場も設けられたとのこと。ちなみに+Styleの発表会はデパートで開かれることが多いが、近藤氏によると現在もさまざまなデパートから問い合わせがあるという。最先端のIoT製品を実際に触れられるとあって、デパートにとっても集客や新規顧客開拓などで大きなメリットがあるようだ。

+Style
+Style事業責任者の近藤正充氏
+Style
+Styleはデパートなどで組んでイベントを開催することが多い

 今回の発表会では19製品が登場。開発・販売元の担当者が製品を順次紹介した。なお、紹介したものを含む56製品のIoT製品が10月31日までの期間限定で新宿タカシマヤ1Fにある「ザ・メインスクエア」にて展示・販売される。

+Style
今回発表された製品は、10月31日までの期間限定で新宿タカシマヤ1Fにある「ザ・メインスクエア」にて展示・販売される

自動車向けIoT3製品からWindowsタブレットまで6製品

 最初にビーラボから、カーバッテリーモニターやカーファインダーなどの機能を搭載した充電器「Smart Car Charger」、独自のセンサーを自動車のタイヤに取り付けることで空気圧のモニタリングを可能にする「Smart Tire Safety Monitor」、自動車キーの置き忘れ防止やカーファインダーの機能を備える「Car Key Finder」の「Smart Car」シリーズ3製品が紹介された。

+Style
急速充電対応のUSBポートを備えたカーチャージャー「Smart Car Charger」
+Style
自動車の鍵やスマホをすぐに見つけられる「Car Key Finder」
+Style
自動車のタイヤ圧をモニタリングできる「Smart Tire Safety Monitor」
+Style
「Smart Tire Safety Monitor」の内容物

 ビーラボではそのほか、後頭部に装着するワイヤレスイヤフォン「BATBAND」、ポータブルエアコンの「evaSmart」、木のピースとiPadなどのタブレットを使うことで四則演算や文字の読み書きが学べる「Marbotic」シリーズ、タッチパネルのWindowsタブレットを木製の額縁にはめ込んだ「DIRROR」などの製品も発表した。

+Style
+Style
後頭部に装着する耳を塞がないイヤフォン「BATBAND」
+Style
+Style
ポータブルエアコンの「evaSmart」
+Style
+Style
木のピースとiPadを組み合わせて使う知育玩具「Marbotic」シリーズ
+Style
+Style
木製のフレームで覆われたタッチパネルPC「DIRROR」

iPhoneでメモを書いてワイヤレスで印刷

 NEOPOPからは、メモ書きやイラストなどをワイヤレスで印刷可能なプリンター「NEMONIC」、Scratchベースの開発環境を使ってコントロールできるロボット「Kamibot」、大気中のラドンの量をモニタリング「ラドンアイプラス」、スマホアプリでメッセージなどを設定できるLED内蔵バンド「NEOPOP Arm Band」などが紹介された。なぜいきなりラドン?と疑問に感じる人も多いと思うが、ラドンガスを大量に吸気すると人体に悪影響が出るため、米国や韓国、ドイツでは、不動産取引の際などにラドンガスの産出量のデータが重要視されるそうだ。

+Style
+Style
スマホと連携する熱転写プリンター「NEMONIC」。印刷された紙をポストイットのように貼り付けられる
+Style
+Style
簡単なプログラミングで制御できるロボット「Kamibot」。着せ替えが楽しそうだ
+Style
+Style
日本ではなじみが薄いが米国などでは重要なラドンガスの産出量を計測する「ラドンアイプラス」
+Style
+Style
768個の内蔵LEDで好きな言葉を光らせることができる「NEOPOP Arm Band」

据え置き電話向けの迷惑・詐欺電話防止ソリューション

 トビラシステムズが発表したのは「トビラフォン」。警察や自治体、利用者などから集められた迷惑・詐欺電話のデータベースを基に、迷惑・詐欺電話を遮断するサービス。据え置き型の電話と電話回線の間にトビラフォンを接続するだけですぐに使える簡単さが特徴だ。スマホなどには迷惑・詐欺電話を遮断するアプリが多数リリースされているが、トビラフォンはその据え置き電話版といったところだろう。

+Style
+Style
迷惑・詐欺電話のデータベースを参照してかかってきた電話を自動的に拒否する「トビラフォン」
+Style
初期費用は税別9800円から、2年目以降は税別300円の月額料金がかかる

スマホで一括制御できるペンライト

 やまと興業は、次世代ペンライトの「チアライトAir」を紹介。iPhoneやiPadからBluetoothで制御できるLEDライトで、半径20m以内であれば複数のライトの色や点滅を一括制御できるのが特徴だ。

+Style
+Style
スマホで色を自在に変えられる「チアライトAir」。複数本の同時制御も可能だ。発表会では、ライブ会場でアイドル本人がファンが持っているチアライトAirの色を一斉に変えるなどの演出が紹介された

いつでもどこでもセルフィー

 丹波貿易の「STIK BOX」は、シリコンケースと自撮り棒を組み合わせたiPhoneケース。ケースの背面に自撮り棒が収納されており、これを引き延ばすことで自撮りやグルーフィーが容易になる。自撮り棒はアルミニウム製のため軽量などで常時装着していても持ち運びには苦にならない。

+Style
+Style
シリコンケースの背面に自撮り棒が巧みに収納されている「STIK BOX」

携帯電話販売店が作るこだわりのスマホ

 携帯電話やスマートフォンの販売店を運営しているP-UPは、オリジナルのAndroidスマートフォン「Mode1 RS」を発表。3000mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、販売店に寄せられるユーザーの意見を反映してスピード、スタミナ、デザインを軸にして開発を進めたという。

+Style
+Style
スペック的にはエントリーモデルだが大容量のバッテリーが魅力の「Mode1 RS」
+Style
カラバリは、ブラック、レッド、ホワイトの3色

バッテリー内蔵でいつでもどこでも充電可能

 ブルーグリーングループが披露したのは、世界最薄をうたうBluetoothトラッカー「Chipolo Card」、バッテリーとUSBポートを搭載するリック「geneeo pack」の2製品。Chipolo Cardは、スマホから離れた際に電子音で知らせてくれるカード状の忘れ物防止タグだ。

+Style
+Style
板状のBluetoothトラッカー「Chipolo Card」。この薄さならサイフなパスケースに入れてもかさばらない
+Style
+Style
7000mAhのバッテリーを内蔵する「geneeo pack」。スマホの充電に便利

IoTはとうとうここまで来た!iPhone美顔器

 西堂美容研究所から登場したのは、スマホと組み合わせて使う美顔器「NOFL Smart」。筋力トレーニングなどに使われるEMS機器と同様に電気的な刺激で顔をマッサージするデバイス。スマホの画面上の表示をNOFL Smartが読み取って、さまざまなマッサージができるとのこと。プランニング段階の製品で、今後ユーザーの意見を取り入れて製品化を進めるとのことだ。

+Style
+Style
現在プランニング中のスマホ美顔器「NOFL Smart」。低周波治療器と同様の原理で顔をマッサージできる

独自の形状でiPhoneの音量を3倍に

 最後を飾ったのは、伊藤幹三株式会社の「瀬戸音」(セトーネ)。同社は瀬戸特産の白雲磁器を製造している創業100年の老舗メーカーで、瀬戸音は同社の技術を生かした白雲磁器のスピーカー。iPhoneをセットすると瀬戸音の独自の形状により音が増幅され、最大で3倍ほどの大音量で音楽などを楽しめる。

+Style
+Style
iPhoneを置くだけでスピーカーになる不思議な陶器「瀬戸音」

 +Styleは、11月3日~4日に東京・六本木にある「AXIS Galleryシンポジア」にて、金沢美術工業大学との産学連携プロジェクトの成果発表会を開催する予定となっており、前日の11月2日18時からはオープニングトークイベントも開かれる。

+Style
11月2日には金沢美術工業大学と進めていた産学連携プロジェクトに関連するトークショーが開催される

■関連サイト