10月も終わりに近づき、そろそろ年末商戦に向けた動向が気になる時期になった。世界シェアこそSamsungの後塵を拝しているもののスマートフォンではリーダーのApple、だがその最新機種「iPhone 8」の売れ行きがいまいちというニュースがメディアによって報道されている。ファンは本命であるiPhone X待ちと見ていいのだろうか。

11
iPhone 8の売れ行きは当然ながら、iPhone 7と比べて厳しいようだが、iPhone Xの発売で状況は変わるのだろうか

昨年のiPhone 7に比べるとiPhone 8の需要は低い?

 例年どおりに9月に発表された「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」。新CPUやワイヤレス充電対応などの特徴を持つ最新世代のiPhoneだ。

 iPhone発表会は、Appleに強い日本のプレスも多数招待され、ファンからそれなりの評価を得たようだ。しかし、同時期に米サンフランシスコで開催された「Mobile World Congress America」の会場では、「端末そのものに新鮮さがない。iPhone 8が発表されてiPhone 7が売れるんじゃないか」(あるオペレーターのブーススタッフ)という冷ややかな声もあった。実際コンシューマーはiPhone 8/8 Plusをどう受け止めたのだろうか?

 Appleは今回、iPhone 8が発売された週の週末に何台売れたかの情報を公開していない。2014年の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のときは1000万台と発表するなど、飛ぶように売れたことを示すのがパターンだったが、2016年の「iPhone 7」からは数字は開示されなくなった。

 そこに来て、カナダ最大手キャリアであるRogers Communicationsのトップが自社決算発表時にiPhone 8の需要について「強くない」と発言した。

 同じく先週、台湾Economic Daily Newsが台湾のサプライチェーンからの情報として、Appleが11月、12月のiPhone 8と8 Plusの注文を半減したというニュースが出た。同紙によると、発売からまだ3ヵ月が経過しない段階での製造カットは初めてとのことだ。

本命はやっぱりiPhone Xなのだろう

 こう聞くと、iPhone 8/8 Plusは売れていないように見えてしまうが、さすがiPhoneだけあり、これ以外にもさまざまな視点の情報が出ている。たとえば、米国のAT&TはiPhone 8の販売台数は前年同時期のiPhone 7よりも90万台低いとしているが、KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏はiPhone 8 Plusの動向は予想より良いと見ているとか。VerizonはiPhoneに特定してはいないが、第3四半期は新機種へのアップグレードが遅いと判断しているようだ。

 iPhone 8/8 Plus発売後の9月末のニューヨークでは、主要キャリアのショップはどこもiPhone 8推しだった。だが人だかりができているわけではなく、数年前のような興奮はないことは明らかだ。

 だが今年のAppleはこれで終わりではい。同じ日に発表したハイエンドの「iPhone X」だ。11月3日の発売に向けて、まもなく予約受付が開始されるが、iPhone 8への鈍い反応はiPhone Xを待つ動きと予想する向きがある。

 iPhone XはAppleがiPhone10周年を記念したモデルで、縦長の5.8型有機EL画面が前面をほぼ覆い(そのためにホームボタンはなし)、顔認証の「Face ID」など、現時点でiPhone Xにしかない特徴を持つ。もちろん価格もスペシャルで日本では税抜11万2800円からだ。

 先進国のキャリアであるVerison、RogersはともにiPhone Xへの需要に期待を持っているようだが、1000ドルもするようなスマートフォンをどれだけの人が購入するのかはわからない。なお、GartnerのアナリストであるRoberta Cozza氏は、「iPhone Xは北米、中国、西欧における端末の売り上げを加速する要因になる」と分析している。

では、部品不足は一体どのぐらい深刻なのか?

 もっともiPhone Xについては、コンシューマーの需要の規模以前にそもそも欲しい人は手に入るのかという問題がある。主にFace IDを実現するTrueDepthカメラや基板などの不足が囁かれており、11月3日の発売日に合わせてAppleが出荷できる台数は200〜300万台と見るのが上述のKGI SecuritiesのKuo氏だ。

 また、Business Insiderによると、Kuo氏は当初3000万〜3500万台としていた第4四半期のiPhone Xの出荷台数フォーキャストを、2500〜3000万台に下方修正しているようだ(http://www.businessinsider.com/apple-stock-price-iphone-x-impact-production-issues-kgi-securities-2017-10)。

 Gartnerは先週発表したPC、タブレット、スマートフォンの出荷動向調査で、iPhone Xの部品不足により第4四半期は消費者の需要を満たすことができないとし、売り上げは2018年に本格化すると見ている。

 また、Nikkei Asian Reviewは、iPhoneの製造委託で知られるFoxconnの会長とAppleのCOOが会合を持つこと、部品問題は解決されていないことなどを報じている(https://asia.nikkei.com/Business/AC/Apple-Foxconn-executives-to-meet-amid-iPhone-X-production-strain)。

 これらを見ると、iPhone Xはやはり、手に入りにくい状態でスタートすると見られる。となると、年末商戦への貢献も低くりそうだ。


筆者紹介──末岡洋子

末岡洋子

フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている