[東京 26日 ロイター] - 内閣官房参与の浜田宏一イエール大名誉教授は26日午前、都内で開かれたパネルディスカッションで、日銀は2%物価目標を達成できていないが、過度に批判されていると指摘。好調な実体経済を実現できており、十分成功しているとの認識を示した。

また、日銀が掲げる政策目標としては、雇用などより物価目標が望ましいと指摘した。