モトローラ・モビリティ・ジャパンは、同社のフラグシップスマートフォン「Moto Z」シリーズで利用できる拡張機能「Moto Mods」の新デバイスとして、「Moto 360 カメラ」「Moto ゲームパッド」の2製品を10月27日に発売する。公式オンラインストアの価格はそれぞれ税抜2万9800円と税抜1万1800円。

11
モトローラ製スマホの背面にデバイスをくっつけて機能を拡張するMoto Modsに新製品が2つ登場

 Moto 360 カメラは製品名からもわかるように、装着するだけでMoto Zシリーズを360度カメラにしてくれるデバイス。4K画質での360度動画と静止画の撮影が可能。撮影したデータは専用アプリで編集できるほか、360度動画のライブ配信にも対応している。1300万画素センサー2基搭載、レンズのF値は2.0。重量は約80g。

11
まずは360度カメラMods
11
11
11
Modsを追加するだけでスマホが360度カメラに。動画データは有線で転送されるうえに、スマホ自体の性能も高いのでスムーズに操作できた

 一方のMoto ゲームパッドは、Moto Zの横画面の左に十字キー、左右にジョイスティック、右に4ボタン、さらに上部の左右にもボタンが用意されている。なお、対応アプリ一覧が表示されるポータルサイトも用意されている。

11
こちらはゲームパッド型Mods
11
11
11
こちらもスマホ本体とコントローラーが有線で接続されるので遅延が少ない。パッド側にUSB Type-C端子とイヤフォン端子も用意されている

 デバイスとしては、Androidに標準で用意されているゲームコントローラー用のAPIに対応。同APIをサポートするゲームであれば基本的に動作可能とのこと。Moto ゲームパッド側にもバッテリーが内蔵されており(1035mAh)、スマホ側のバッテリーを消費せずに最大8時間動作する。


■関連サイト