正田連載
筆者が購入した「HUAWEI P10 lite」

 格安SIMの利用法といえば、すでに持っているドコモやauの端末を“SIM替え”して利用することがお得な方法だが、最近ではより幅広いユーザーが移行しやすいように格安SIM事業者でスマートフォンを販売し、セットでお得なプランを用意するなど次第に状況は変わっている。

 そこで、現在のSIMフリー機のラインナップのなかで筆者が注目している「HUAWEI P10 lite」(単体で3万円程度)も、何かお得な購入方法がないか調べたところ、「OCN モバイル ONE」の公式ショップ的な存在の「gooSimseller」において、OCN モバイル ONEとセットで安くなることがわかった。

契約のいらない加入パック購入で割引
加入強制ならさらに安くHUAWEI P10 liteが1万円台

 注目しているHUAWEI P10 liteは、その兄貴分で評価も高い「HUAWEI P10」のスペックダウン機となるが、なかなか使える機種。HUAWEI P10と比べてしまうと落ちるところもあるが、単体で使った場合なら、2~3年前の機種からの買い替えでも問題とはならないと思われるほど充実している。

 今年6月発売機種ということもあり、Androidのバージョンも比較的新しい7で、最新の8への更新も期待できる。

 そして、ごく最近のAndroid機はRAMの容量が大きめなことが特徴だが、HUAWEI P10 liteなら3GB搭載と、複数アプリを使ってもサクサク使えそう。

 画面もフルHD解像度。単体で家電量販店で購入すれば、3万円前後と最安価格帯ではないものの、無理して1万円台機種を購入するよりも、長く満足して使える要素が詰まっている。

 「gooSimseller」での価格は通常2万5704円で、加入パックをセットして2万4624円。これは加入パックが届いてからあらためて加入手続きをするものだが、それよりもお得なのは「らくらくセット」という最初に加入手続を済ませてしまうもの。価格は1万7237円になる。

 加入パックだけだと加入しない、ということもできてしまうが、らくらくセットは加入しないと端末を送ってこない。その強制力の分だけお得というわけだ。

 ちなみに、このセットで加入した場合、音声通話付きプランになるので利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目以内の解約は違約金が必要。

 即解約する場合、(1600円+2円)×1.08×6カ月の1万381円かかり、端末代と合計で2万7618円。OCN モバイル ONEも悪くないが、もし、ほかの格安SIMがいいなら通常セットのほうがお得かもしれない。

 ただし、逆に言えば半年間、わずかな金額でOCN モバイル ONEが利用できると考えることもできる。

 また、当たり前のことだが、SIMと端末は同時に使う必要もないので、このSIMを別の端末で使い、購入した端末は別のSIMを挿入して使うこともできる。

HUAWEI P10 liteはシンプルに使える“素”の端末

正田連載
最近のスマートフォンにならい、厚紙のケースに入っている
正田連載
本体のほか、ハードプラスチックの透明ジャケットも1枚付属

 ネットで申し込みしてから数日して届いた箱には、HUAWEI P10 liteとSIMが入っていた。らくらくセットとはいえ、SIMは自分で挿入する。スマートフォンの使いはじめの簡単なセットアップの手順を画面どおりに進めていけば、すぐに完了する。

 格安SIMの設定で最も面倒かもしれないAPN設定も主な格安SIMは設定が入っているため、選ぶだけで大丈夫。

 ドコモ系ではデフォルトで22個が設定されているため、個人向けで名前を聞いたことのあるような格安SIMなら選ぶだけで設定完了する。

正田連載
HUAWEI P10 liteのデフォルトのホーム画面

 最初のセットアップが済むとホームアプリが表示される。ファーウェイ独自のもので、アプリ一覧のドロワーを省略、すべてホーム画面に並ぶタイプ。

 ホームアプリは変更も可能なので、最近のAndroidらしくGoogle Nowにすぐアクセスしたければ「Google Nowランチャー」など別のホームアプリを入れればよい。

 HUAWEIの特徴としては、通知バーの上下が薄いため、画面を有効に使えること。アンテナピクトや電池容量などの表示は小さいが、画面を最大限活用できる。

正田連載
タスク切り替え画面でもRAM利用量を表示できる。ここからアプリを止められる
正田連載
アプリをいくつか止めた結果、RAMに空きが増えた

 アプリの動作も機敏。複数アプリを開いたあと、タスク切り替え画面にするとゴミ箱アイコンの横に消費メモリー量が表示されるので、タスクを止めるかどうかの判断になる。また、停止させた場合は消費メモリー量が表示されるのでわかりやすい。

 ストレージは32GBだが、microSDカードで最大128GBまで増量できる。カメラは上位の「P10」のようなLaicaレンズではなく非常に美しいというものではないが、十分に実用的。動作も早いのでサクサク写真が撮れるという印象だ。

正田連載
正田連載
正田連載
正田連載
カメラ機能で撮影した映像。驚くほどきれいではないが、普通にSNSなどに公開できるレベル

 そして通信はCA(キャリアアグリゲーション)に対応。下り最大262.5Mbpsの通信ができ、対応バンドもドコモだけでなくauには重要なバンド18や26に対応。auネットワークの格安SIMでもエリアの狭さを感じることなく利用できる。

 もちろんau VoLTEに対応しているので、VoLTE対応SIMを用意することで、auの音声通話もできる。

正田連載
キャリアアグリゲーションもうまくいっているのか、約100bpsという数字も叩き出す

 念のため手元のSIMを用いて測定してみたが、下りは最高で100Mbps超の速度が出ることもあり、端末の性能としてまったく問題なし。

 mineoはAプラン、DプランのSIMがあったので両方比較してみたが、なぜかauのほうの速度が遅い結果となった。

 ネットワークのどこのあたりがボトルネックになっているのかわからないが、ドコモとauの両タイプを提供している格安SIMでは、ドコモのネットワークを使ったSIMとの相性が良さそうだ。

再起動しなくてもSIMの交換ができる
玄人にはうれしいポイント 

正田連載
SIMは2枚挿入可能
正田連載
SIMの設定は「デュアルSIM管理」から
正田連載
SIM 1スロットしかLTEが使えないようにも思えるが、SIM 2スロットでもLTEの通信が可能。どちらか1回線しかLTEや3Gが使えないだけだ

 普通の人には役立たない特徴だが、格安SIMを楽しむマニアにうれしいのは、再起動しなくてもSIMの交換を素早くできること。

 SIM交換で強制的に再起動する機種や、SIM交換後はなかなか電波を掴まない機種もあるなかで、差し替えればすぐ認識し通信を開始するのはSIMを取り替えて楽しみたいマニアに最適。ドコモとauのネットワークのSIMを交換してもすぐ認識する。

 さらに、画面キャプチャーはナックルジェスチャーで簡単にとれるほか、通知バーにスクリーンショットを撮影したアイコンが残らない。格安SIMテスターやアプリレビュアーにはありがたい仕様となっている。

多様なアクセサリーを利用できるのも
グローバル端末のメリット

 HUAWEI P10 liteのもうひとつのメリットはグローバル端末で売れ筋の端末であるということ。

 細かい仕様は異なるものの世界で売られる端末のため、アクセサリーが豊富。たとえば、中国の通販モールのうち、日本人の個人が利用しやすいAliexpressやWishではケースやフィルムを非常に安価に購入できる。

 筆者がWishで購入したTPUケースとガラスフィルムがセットになったものは、送料込みで約250円。透明なTPUケースならデザインの趣味の違いも気にならない。

 また、皮カバー付きのケースでも、デザインが気に入れば1000円以下から手に入れることもできる。ほかにも、日本ではあまり見ない本体の前後をTPU素材で覆ってしまうタイプのケースなど、興味深いアクセサリーがあるのもグローバルで人気の端末の特徴。そういった面でも楽しめそうだ。

端末を安く購入できる方法はいろいろある

 今回はHUAWEI P10 liteを新規に格安SIMに加入する際に、安く買える方法を考えてみた。この方法は格安SIMどうしの乗り換えでも有効な購入方法だ。

 しかし、乗換なしで、そろそろ新しい端末に交換したいという人も、SIMはSIMで有効活用法さえ見つかれば通常よりも安価に新しい端末を購入することができるはずだ。

 今後、このほかにもSIMフリースマートフォンをお得に購入できる店や方法が出現するかもしれない。