ドイツ・ゼンハイザー本社で、オーディオファイル(オーディオ愛好者)向け製品のプロダクトマネージメントを担当するマニュエル・リッケ氏が来日した。同社ハイエンドイヤフォンの「IE 800 S」など新製品を紹介するためで、2回目の来日だという。音の特徴や従来機との違いなど、新製品に関して話を聞いた。

sennheiser
インタビューに応じたマニュエル・リッケ氏

HD650を“よりリニア”な特性に改良した

── カタログなどでは一部明記されていませんが、今回の新製品はすべてが新ドライバーを採用していると考えていいのでしょうか?

リッケ はい。基本的にすべての機種がドライバーを改良しています。ただ、「HD 660 S」は新開発のドライバーになっていますが、「IE 800 S」については“最適化”したと言ったほうが正しいと思います。

sennheiser
新ドライバーを採用した「HD 660 S」
sennheiser
「IE 800 S」のドライバーは“最適化”されたという
sennheiser
「IE 80 S」の右コネクターには赤いストレインリリーフでマーキング

── まずはHD 660 Sについて、2003年のHD 650以来、ほぼ15年ぶりの刷新です。音質を上げつつ、異なる個性のモデルに仕上げたとのことですが。

リッケ 音質は、より“リニア”になりました。一部の人ではありますが、「HD 800 Sと比べてもよりダイレクトに音が鳴るのがいいのではないか」という意見をもらっています。若干クールな感じになっていますが、HD 650特徴であるウォームな傾向は維持しています。

 “サウンド・クオリティー”に関しては一概に上位・下位を決められないと考えています。一般的には「HD 800 S」が最もいいと言われていますが、各モデルごとに個性が異なるため、優劣はないです。ただ、従来機種よりは確実に良くなっていると言いたいですね。

── ハイエンド機種としては、HD 800、HD 800 S、HD 700などがありますが、どう選んでいくかは悩みそうです。

リッケ 私自身がいつも言っているのは「実際に試聴して違いを確かめてください」という点です。聴くと、まったく違うと思いますよ。今回、デザインについても大きく改善しているのですが、人によっては「HD 650」のほうが良かったという意見もありますね。

sennheiser
リッケ氏は「ラインアップは優劣ではなく、個性」と考えているという。「実際に試聴して違いを確かめてください」と語る
sennheiser
発表会でHD 660 Sを披露するリッケ氏

ポータブル機でも扱いやすくなった

リッケ HD 660 Sに関して、もうひとつ言っておきたいのは「オーディオファイル(のニーズ)に対して、フレキシブルであること」ですね。インピーダンスが150Ωと半分になったので、Astell&Kern、ソニー、Acoustic Researchといった、ハイエンドのポータブルプレーヤーと組み合わせやすくなっています。ここは大きな変更点で、300ΩあるHD 800などと比べて、格段に使いやすくなっていると思います。

sennheiser
低インピーダンス化により、HD 660 Sは従来機よりもポータブルプレーヤーとの親和性が上がったという

── 音質傾向が異なるとのことですが、HD 650は併売しますか?

リッケ いいえ。ディスコンになります。音質傾向の違いについて話しましたが、ここで補足したいのは「HD 650 S」ではなく、HD 660 Sという名称にしたのはまったく異なるヘッドフォンだと認識しているからです。ドライバーを新規に開発した大きな理由も、このサウンドキャラクターの改善のためです。

── バランス駆動用の同梱ケーブルに、4.4mm5極端子(ペンタコン端子)が追加されました。ウォークマンが採用していますが、ドイツでも人気がありますか?

リッケ はい。ウォークマンは、日本同様ドイツでも人気がありますよ。ペンタコン端子の採用は日本、韓国、中国といった、アジア諸国向けという意味合いが強いですが、欧米でも徐々に関心が高まっています。

── 開発時のリファレンスにしているプレーヤーやアンプについて教えてください。

リッケ 製品によって異なりますが、オーバーヘッドタイプは、やはり「HDV820」アンプとなります。ポータブルタイプではAcoustic ResearchとAstell&Kernです。

sennheiser
HD 660 Sは従来機と同じケーブルが使える。3.5mmアダプターも付属
sennheiser
会場に展示されていた「IE 80 S」のコネクター形状も従来機と同じだった

IE 800 Sは日本向けのチューニング

── IE 800 Sについてお伺いします。この製品の音質は日本市場向けにチューニングしたと言っていましたが。

リッケ はい。これが日本で発表会を開いた理由でもあるのですが、正直に言うと、このカテゴリーの製品は、北米ではあまり動かないんですよね。日本は規模が大きいですし、牽引のキーになるマーケットだと思っています。そのため、日本の趣向に合ったリニアで、ベースを少し控えめにしたチューニングとしています。

sennheiser
IE 800 Sのスライドより。リファレンス機の例として挙げた「AR-M2」に加え、Marshall LONDONの写真も掲載されている
sennheiser
イヤフォン2機種は「AK380」や「DP-X1A」が持つ、2.5mm4極端子にも対応できる
sennheiser
ウォークマン「NW-WM1A」が持つ、ペンタコン(5極バランス)端子に接続も可能

── 日本からのフィードバックは上がっていますか?

リッケ ローンチしてまだ間もないため、あまり収集できていないのですが、直接話を聞いた人がひとりいます。彼は「とてもいいし、今年1番のヘッドフォンじゃないか」と言ってくれました。いずれにしても、フィードバックはもっともっと集めていきたいですね

sennheiser
IE 800 Sを手にするリッケ氏。このカテゴリーは日本向けの音質をめざしたチューニングをしてあるという

── 従来機種のIE 800はとてもいいヘッドフォンでした。クリアーかつ高解像度で。

リッケ ありがとうございます。私自身の意見では、IE 800 Sでは付属品としてComplyのイヤーフォームを付けた点が特に重要なんじゃないかと。多くのイヤフォンでうまく装着できずに本来の性能が発揮できないというのが課題になっているんですね。耳にフィットするし、音質面でも快適性の面でも改善できると思います。マットブラックのハウジングも評判がいいですね。

── マットブラックは、プレミアムな質感ですね。小型である点もいいです。最後に読者に対して一言をお願いします。

リッケ 日本の皆さん、こんにちは。マニュエル・リッケです。ゼンハイザーで、プロダクトマネージャーをしています。今回は新製品IE 800 S、IE 80 S、HD 660 Sを紹介します。東京にこれてハッピーです。ありがとうございました。

sennheiser
IE 800 SではComply製イヤーフォームを同梱。密閉性と装着性の向上を狙ったという
sennheiser
来日2度目だというリッケ氏。「普段働いているドイツ・ハノーファーの街とは随分違うが、東京はお気に入り」と語った