10月26日、国内主要生損保の2017年度下期・一般勘定運用計画では、オープン外債へのシフトが一段と進むことが明らかになった。写真は各国の紙幣、昨年1月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[東京 26日 ロイター] - 国内主要生損保の2017年度下期・一般勘定運用計画では、オープン外債へのシフトが一段と進むことが明らかになった。ドルのヘッジコストが高止まりしており、為替リスクを勘案しても利回りを重視するというバイサイドが多い。社債などのクレジット物やドル以外の通貨分散も継続。国内投資は債券、株式ともに依然慎重だ。

ドル/円は安定推移と予想

 10年米国債の利回りは、足元で上がってきたとはいえ2.4%台。ドルのヘッジコスト(3ヵ月物)が1.8─1.9%で高止まりしていることから「仕上がり」は0.5─0.6%程度にとどまる。米国債は流動性の高さが魅力的だが、為替ヘッジ付きでは、十分な利回りが得られない。

 日本生命は新規資金配分8000億円程度の大半を、為替ヘッジをしないオープン外債に振り向ける計画だ。上期にやや前倒しで投資したヘッジ付き外債を下期に抑制する方向で、ヘッジ外債とオープン外債を合わせた残高は、増加する見通しとなっている。

 オープン外債は為替リスクに対して文字通り「裸」の状態だ。円安に進めば評価益が発生するが、円高が進めば評価損が発生する。各社のドル/円予想をみると100円割れはなく、年度末は115─120円の想定が多い。利回りの追求だけでなく、為替が比較的安定的に推移するとの予想が「オープンシフト」の背景だ。