10月26日、マツダ「夢のエンジン」と呼ばれる次世代エンジンの実用化にめどをつけた。米ゼネラル・モーターズ(GM)など世界的な大手メーカーに先駆けて中堅のマツダがなぜ「技術者の夢」を実現できたのか。写真は東京モーターショーで披露された「スカイアクティブX」のモデル。25日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[広島 26日 ロイター] - マツダが「夢のエンジン」と呼ばれる次世代エンジンの実用化にめどをつけた。米ゼネラル・モーターズ(GM)など世界的な大手メーカーに先駆けて中堅のマツダがなぜ「技術者の夢」を実現できたのか。

 開発チームを率いる人見光夫常務らへの取材から、限られた経営資源の中、内燃機関へのこだわりを貫いて挑戦を続けた同社の成功の構図が浮かび上がってきた。

乏しい研究開発費

 従来のガソリンエンジンから燃費や動力性能を向上させたマツダの「スカイアクティブX(以下、X)」は、ガソリン燃料をディーゼルの燃焼方式である「圧縮着火」で燃やすことができる。通常のガソリンエンジンはガソリンと空気の混合気に圧力を加えて点火プラグによる火花で点火して燃やすが、新エンジンは混合気を高い圧力と温度で自己着火させる。

 ガソリンの出力の強さとディーゼルの燃費の良さという利点を融合したエンジンで、火花点火では燃えないような薄い混合気でもきれいに素早く燃えるため、燃費は従来から最大3割高まる。2019年に新エンジンの搭載車を発売する予定で、28日から一般公開となる東京モーターショーで新エンジンとそのエンジンの搭載車を世界初披露する。

 研究開発費の乏しさが「Xに賭ける」という思いを強くさせた――。人見常務はロイターとのインタビューでそう振り返った。トヨタ自動車<7203.T>の研究開発費は年1兆円超、GMは約9000億円と巨額だが、マツダは1000億円台でトヨタの10分の1ほど。世界販売は1000万台規模のトヨタなどに対し、マツダは約160万台と1桁違う。