[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は27日、将来経済危機が起き、ECBの政策金利がゼロに引き下げられた場合、ユーロ圏共通予算で危機に対応できる可能性があるとの認識を示した。

専務理事は会合で「そうした中央予算は、金融政策の助けとなる可能性がある。特に名目金利が事実上の下限に到達するような深刻な景気後退局面ではそうだ」と述べた。