[ソウル 27日 ロイター] - マティス米国防長官は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談後、北朝鮮によるミサイルと核の脅威に直面するなか、韓国を防衛するという米国の政策に変更はないと述べた。

韓国の大統領府が会談後に発表したプレスリリースによると、マティス長官はまた、北朝鮮の兵器開発に対する執着的な取り組みは、韓国のほか米国にとっても脅威だとの見解を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)