[ロンドン 27日 ロイター] - カタルーニャ自治州の州議会がスペインからの独立を表明したことを受け、27日の欧州市場でスペイン国債や銀行債務の保証コストが上昇した。

IHSマークイットのデータによると、スペインの期間5年のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は前日終値から2ベーシスポイント(bp)上昇して70bp。

国内銀行のバンコ・デ・サバデルやカイシャバンクの5年物CDSは、それぞれ2、4bp上昇して83bp、78bpとなった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)