日産が世界初公開した100%電気自動車のクロスオーバーコンセプトカー、ニッサン IMx

今年で第45回を迎えた日本最大の自動車見本市、東京モーターショーの一般公開が28日から東京・有明の東京ビッグサイトで始まった(11月5日まで)。週刊ダイヤモンドは2017年10月21日号の特集「パナソニック・トヨタが挑むEV覇権」で、電気自動車(EV)シフトが加速する業界の現状をお伝えした。東京モーターショーの出展車両から読み取れるEV新時代の各社の戦略を、全3回のレポートを通じてお届けする。(「週刊ダイヤモンド」編集部 重石岳史)

 「電気自動車の持つ、とてつもないパワーと性能をご披露することになる」――。

 日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長がモーターショーでそう高らかにサプライズ宣言したのが、フォーミュラE選手権への参戦だ。

 フォーミュラEとは、2014年に始まったEVのみの一般公道レースである。当初はモータースポーツ界の傍流とみられていたが、今年、アウディ、BMW、メルセデス、ポルシェといったドイツ勢が続々と参戦を決め、その存在感は急速に高まりつつある。

 そして日産は日系メーカーとして初めて、来年からの参戦を表明した。世界初の量産EV「リーフ」の新型を先月発売し、カルロス・ゴーン会長の言う“EVのリーダー”であり続けるためには、レースに勝って「とてつもないパワーと性能」を世界に証明しなければならない。フォーミュラEへの参戦は、いわば日産が世界のEVレースの“ポールポジション”を守り、トップを走り続けるという意思表示なのだ。