今回は070/080/090番号による音声通話付きSIMの主要サービスについて、料金表でまとめている。先週はモトローラがまたまた新製品を発表。今回は防水&デュアルカメラの高性能機「Moto X4」。また、iPhone Xの予約受付が開始。SIMフリー版ももちろん用意されている。

11
防水対応やデュアルカメラといった機能面はもちろん、ガラス素材を採用したデザインも魅力的なモトローラのSIMフリースマホ「Moto X4」

モトローラが10月に入って3モデル目の新製品「Moto X4」
Moto Zシリーズ向けの360度カメラ&ゲームパッドも

 ここに来て、続々と新製品を発表しているモトローラだが、ミドルクラスの「Moto G5S Plus」「Moto G5S」に続いて、ハイスペック機の「Moto X4」をリリースした。すでに発売されており、価格は税抜5万3800円。

 モトローラはフラグシップに「Moto Mods」による機能拡張が可能な「Moto Z」シリーズを用意しているが、Moto Xはそれに続くモデルとなる。特徴は防水・防塵対応に加えて、美麗なデザインの筐体。背面にはガラス素材が用いられており、スーパーブラック、スティーリングブルーともにミラーのように美しく光を反射する。

11
11
スティーリングブルーのカラバリ。背面のガラス素材が特徴的でデュアルカメラも搭載する

 機能面ではデュアルカメラを搭載。標準(1200万画素デュアルピクセル)+広角(800万画素)の組み合わせとなっている。また、背景をきれいにボケ度合いを調整できる深度エディタも用意されている。

 主なスペックは、フルHD解像度の5.2型IPS液晶、Snapdragon 630(オクタコア、2.2GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、3000mAhバッテリー、Android 7.1.1など。ドコモ/au/ソフトバンクの3大ネットワークとVoLTE、DSDSにも対応している(片方のSIMスロットはmicroSDと排他仕様)。

 モトローラはまた、Moto Zシリーズで利用できるMoto Modsの新製品として「Moto 360 カメラ」「Moto ゲームパッド」を発売した。価格は税抜2万9800円と税抜1万1800円。

11
Moto Zシリーズの背面に取り付けて機能を拡張するMoto Modsに新製品。まずは「Moto 360 カメラ」
11
こちらはMoto Zを携帯ゲーム機にする「Moto ゲームパッド」

iPhone XのSIMフリー版が先週金曜16時に予約開始
発売日分は15分ほどで終了

11
iPhone X

 iPhone 8からやや遅れて、iPhone Xの予約受付が27日16時1分から開始された。今回ももちろんキャリア版のほかにSIMフリー版も用意されている。端末価格こそ、64GBモデルで12万1824円、256GBモデルで14万184円と高価だが、格安SIMとの組み合わせであればランニングコストは抑えられる。

 ただ、事前情報どおりに品薄なようで、SIMフリー版の注文が可能なオンラインのApple Storeでは、発売日当日の配送分は受付開始から数分後に、店頭引取分は15分程度で終了した。記事執筆時点では出荷日は5~6週間後となっている。なお、発売日の11月3日のApple Storeの各店舗では予約分以外の在庫もあると発表されているが、早くから行列ができるのは確実だろう。

11
今から予約しても入手できるのは少し先……

人気の音声通話付きSIMの料金表(税込)
(データ専用SIMは前回分をクリック

※1:12~13時、18~19時は最大300kbps※2:新規加入時は最大12ヵ月間、1080円割引
※3:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円
※4:26ヵ月目以降は通信量は半分になる


■関連サイト