ZenFone 4シリーズのハイエンド機、ASUS「ZenFone 4 Pro」が27日に発売された(ピュアブラックのカラバリのみ、ムーンライトホワイトは一時受注停止中)。Snapdragon 835に6GBメモリーを搭載するなど、スペック面でも文句なしの同機が編集部に到着したので、まずは外観面を中心にお届けしたい。

11
Snapdragon 835に6GBメモリーを搭載する最上位モデル「ZenFone 4 Pro」が編集部に到着
11
11
端末はこんな感じの大きめの箱に収納

 基本スペックをおさらいしていくと、ディスプレーはフルHD解像度の5.5型有機EL。画面サイズは無印のZenFone 4と同じというわけで、本体サイズもほぼ同じ(75.6×156.9×7.6mm)。ディスプレーは有機ELらしい、明るさと鮮やかさでワンランク上という感想を持つ。重量は10g増えた175gだが、そのぶんバッテリーサイズも3600mAhと増量されているので不満はない(ZenFone 4は3300mAh)。

11
この美しい背面を始め、デザイン面もZenFone 4 Proの大きな魅力

 CPUは前述したとおりにSnapdragon 835(2.45GHz、オクタコア)、6GBメモリー、128GBストレージなど。対応バンドも非常に多く、3波のキャリアアグリゲーションに対応。もちろんDSDSも利用可能だ。

11
6GBメモリーを搭載しているので、この余裕!
11
独自アプリ盛りだくさんがZenFoneシリーズの印象だったが、今回は随分整理されている
11
指紋センサーと一体型になったタッチ式のホームボタンの左右に同じくタッチ式の「戻る」「履歴」のキーという従来と同じスタイルを貫く。使わないときにはあまり目立たない表示に
11
DSDS対応だが、SIMスロットの1つはmicroSDと排他仕様

 まず目に付くのがデザインの美しさ。各社フラグシップ機は18:9の縦長ディスプレーを採用する傾向にあるので、従来から変わらぬスタイルという感もあるが、背面の透明感のあるガラスは印象的。ZenFone 4を含めたZenシリーズでおなじみの同心円模様が本機はないので、随分とスッキリとした印象だ。ディスプレーの下側に用意されたナビゲーションキーもこれまでと同じスタイルで、ZenFoneシリーズのユーザーなら戸惑うことはないだろう。

11
Zenシリーズでおなじみの同心円模様は本機にはない
11
側面のメタルフレームには光沢感が

 性能面での自慢はやはりカメラ。標準+広角のZenFone 4とは異なり、こちら標準(1200万画素)+2倍ズーム(1600万画素)の組み合わせ。つまりiPhoneタイプというわけだ。標準と2倍ズームの切り替えはタップするだけの手軽さも便利。ちなみにZenFone 4と異なり、レンズ部分はほんのわずかに出っ張りがあるが、ほとんど気にならないので、レンズへのこだわりとして前向きに捉えたい。

11
カメラは標準+ズームのデュアル。出っ張りはほんのわずかあるが1mm以下と思われる
11
11
標準と2倍ズームは撮影画面の右寄りにあるボタンをタップすれば瞬時に切り替わる

 税抜8万9800円と高価なモデルでもあるが、それは妥当かどうか、ASCII編集部でも評価を進めていく予定だ。


■関連サイト