[コバール(サウジアラビア) 28日 ロイター] - サウジアラビアのサルマン皇太子は28日、主要産油国の減産合意延長への支持を改めて表明した。「わが国は減産合意延長への支持を確認する。石油の需要拡大は、シェール油の増産によって吸収されている」とする声明を発表した。

皇太子は、26日に報じられたロイターのインタビューでも「需給安定に向けたあらゆることを支持する」と述べ、同様の考えを示していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)