[ロンドン 27日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が27日公表したファンドマネジャー調査によると、今年はリスク資産への需要が非常に旺盛で、年初からの世界の株式への資金流入は5340億ドルと、過去最高だった2013年の2810億ドルの倍近くに既に達している。

株式の組み入れ比率が60.7%と高い一方、キャッシュ比率は10.2%と過去最低を更新し、極めて強い相場見通しを反映する数字となった。

BAMLのストラテジストは、上昇を続ける現在の株式相場を「イカルス」取引と名付け、相場が調整局面を迎えるとの見方を後退させてきた。ただ、11月1日に米共和党が税制改革案を公表すると、材料出尽くしで反落する可能性もあると指摘している。

足元でトランプ政権の税制改革をめぐる期待が復活したことから、米国株には過去4週間で134億ドルが流入した。