[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日発表した9月鉱工業生産指数速報は前月比1.1%低下となった。事前予測1.5%低下で、予想ほど落ち込まなかった。7─9月の生産は前期比0.4%上昇で、わずかながら6四半期連続の増産となったものの、機械や自動車などがけん引してきたこれまでの増産の勢いは鈍化した。

10、11月の生産予測指数は高めの伸びとなったが、大手自動車メーカーなどの不正問題による影響を反映していないため、今後下方修正となる可能性が高い。

9月は、8月の高い伸び(前月比2.0%上昇)の反動や、実質輸出が落ち込んだことが響き、減産となったとみられる。

低下したのは電子部品・デバイスで、スマートフォン用部品のアジア向け輸出が振るわず、液晶素子やメモリなどが落ち込んだ。ただ中国向けテレビ用大型液晶は好調で、電子部品の好調品目が入れ替わってきたと経済産業省ではみている。汎用(はんよう)・生産用・業務用機械も落ち込んだが、受注生産の波による減産とみられる。輸送機械工業でも9月は低調だったが、国内新車販売の一巡もあり、夏場以降生産をやや抑制して在庫積み上がりを回避しているもよう。

他方で伸びているのが国内化粧品販売の好調を背景にした化学工業。ほかに石油・石炭製品工業や非鉄金属、鉄鋼業も伸びた。素材系は総じて好調。

先行き生産計画は10月が前月比4.7%上昇、11月が同0.9%低下。ただ10月以降、日産自動車<7201.T>とSUBARU(スバル)、神戸製鋼所<5406.T>といった企業の不正出荷問題が生産・出荷に影響するとみられ、実績値はかなり下振れる可能性が高い。

*内容を追加しました。

(中川泉)