[東京 31日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>の小口正範常務は31日の中間決算会見で、開発中のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」に性能データが改ざんされた神戸製鋼所<5406.T>製の部品を使用していることについて、量産機で使用を続けるかどうかは今後、検討する意向を明らかにした。

小口常務は、問題の神戸製鋼製アルミ素材について、自社が生産するロケットやMRJの飛行試験用機体など航空機全般に使っているが、いずれも「問題はない」との認識を示した。他の部品にどの程度使われているかは「調査中」とした。

その上で、MRJの量産機にも使い続けるかどうかに関しては「今は答えられる状況にはない」としつつ、「このままいくということになるか、あるいは(調達先を)変えていくのかは当然、検討の俎上(そじょう)に上がると思う」と述べた。費用請求に関しては「状況などを把握しているところで、答えられる状況に至っていない」と語った。

*ヘッドラインを手直ししました。

(白木真紀)