[ソウル 31日 ロイター] - 北朝鮮が昨年4月に韓国の大宇造船海洋<042660.KS>のデータベースに不正アクセスし、韓国軍の艦艇の設計図を入手した可能性が高いことが、韓国野党議員の話で31日、明らかになった。

韓国最大野党、自由韓国党のKyung Dae-soo議員は電話でロイターに対し、「北朝鮮のハッカーが大宇造船を攻撃し、同社の秘密文書を入手したとほぼ100%確信している」と述べた。

同社はイージス艦や潜水艦など韓国軍の艦艇を複数建造しており、Kyung氏は、北朝鮮がこれらの艦艇の設計図を入手した可能性が非常に高いとした。

大宇造船へのハッカー攻撃は韓国国防省のサイバー犯罪調査チームが発見。Kyung氏は結果について説明を受けた。

北朝鮮が入手した文書がどの程度の機密情報かは、調査チームが明らかにしていないため不明だという。

大宇造船の広報担当者は、31日朝まで問題は認識していなかったとし、Kyung氏のコメントについて詳細を確認中だと説明した。

Kyung氏によると、調査チームは大宇造船に対するハッキングについて、北朝鮮による攻撃とされている過去のケースと手法がよく似ていることから、同国が行ったものと結論付けた。

*カテゴリーを追加して再送します