DMM.comは、10月25日からハニカムラボと業務提携を開始した。今後、両社はMR技術を使ったバーチャルフィッティング分野での共同開発を目指すとのこと。

a
DMM.makeとハニカムラボ

 ハニカムラボは、ゲーム開発技術による表現力とインターネット技術を融合させることで、さまざまなアイデアを実現する企業。特にVR/AR/MR・デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンのアプリ開発を得意としている。

 バーチャルフィッティングでは、顔の3Dデータや身長、体重、股下などの情報を入力することで、まるで自分が服を着ているかのような状況を作り出せる。この技術はアパレル分野での試着はもちろん、さまざまな分野での応用が期待されているとのこと。

■関連サイト