ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

オーシャンシステム代表取締役社長 樋口 勤
グループの事業ノウハウを互いに活用
チャレンジャーは来年以降、出店を再開

チェーンストアエイジ
【第46回】 2011年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

弁当と宅配事業に続き、1990年には小売事業に参入して、成長を続けるオーシャンシステム(新潟県/樋口勤社長)。食品スーパー(SM)の「チャレンジャー」を新潟県内に9店舗展開し、業務スーパーの店舗網も拡大している。チャレンジャーは新潟県外への出店も検討を始めている。同社の経営戦略について、樋口社長に話を聞いた。聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

カウボーイとのFC契約で
小売事業に本格参入

オーシャンシステム代表取締役社長 樋口 勤
ひぐち・つとむ 1950年6月25日生まれ、新潟県出身。69年3月、新潟県立燕工業高校卒業。同年4月、ひぐち食品入社。77年11月 株式会社ひぐち食品設立、取締役に就任。82年1月 株式会社ひぐち食品新潟設立、取締役社長に就任。98年4月 株式会社オーシャンシステム、代表取締役副社長に就任。2009年6月 同社代表取締役社長就任。

──まず、御社の成り立ちについて教えてください。

樋口 もともとは私の父が1955年に新潟県三条市内に開業した食品販売店が始まりです。その後、長岡市内の精肉店で働いていた長兄(現取締役相談役の樋口洋平氏)が三条に戻り、主に精肉の販売を始めました。そのうち総菜も売り始めたのです。総菜をお買い上げいただいた方から、是非お弁当をつくって届けてくれないかという要望があり、63年にひぐち食品を創業し、弁当の販売を始めたことが、当社の土台になります。

──弁当の次には宅配事業をスタートさせ、その後はさらに多角化を進めています。

樋口 新たな事業展開を模索していた長兄が、夕食材料の宅配事業を始めたばかりのヨシケイ開発(静岡県/矢吹武治社長)さんを知りました。78年に次兄(前代表取締役会長の樋口毅氏)がヨシケイさんとFC(フランチャイズ)契約し、ヨシケイ新潟を設立しました。現在は宅配事業部として、新潟県、群馬県、北海道で夕食材料の宅配を行っています。

──小売事業にはいつごろ参入されたのですか。

「チャレンジャー燕三条店」(新潟県燕市)はチャレンジャー9店舗の中で最も高い売上を誇る

樋口 91年3月に次兄が、北海道でディスカウントストア(DS)を展開していたカウボーイと本州では初のFC契約を結び、新潟カウボーイを設立したのが始まりです。新潟カウボーイ1号店は、新潟県燕(つばめ)市内にある現在のチャレンジャー燕三条店のある場所に出店しました。営業は土日のみでしたが、大変繁盛しました。

 しかし、カウボーイとのFC契約を解除することになり、店舗名をチャレンジャーに変更しました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧