[ワシントン 1日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は1日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを決定した。ただ、ハリケーン被害にもかかわらず経済活動は堅調なペースで拡大し、労働市場も力強さを増していると指摘。12月に利上げを決定する可能性を示唆した。

FRBはインフレはなお軟調となっているとの認識を示しながらも、インフレ期待の評価は引き下げなかったほか、米国の失業率は一段と低下したと指摘。

FOMC声明で「労働市場が引き締まり続け、ハリケーンに関連した被害にもかかわらず、経済活動が堅調な速度で拡大していることを示している」との認識を示した。

このほか、インフレ率は中期的にFRBの目標に上昇するとの見通しもあらためて表明。今回のFOMCのトーンから、FRBがフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現在の1.00─1.25%から引き上げる姿勢を崩していないことが示された。

FRBは今年はこれまでに2回の利上げを実施。年内はあと1回の利上げを見込むとしている。

FRBはこのほか、4兆5000億ドル規模のバランスシートの縮小は順調に進捗しているとの見解も示した。

市場では今回のFOMCでは政策変更はないとの見方が大勢で、注目は来年2月に任期が切れるイエレンFRB議長の後任人事に集まっている。トランプ米大統領はこの日、次期FRB議長人事を2日午後に発表すると表明。イエレン氏の路線を受け継ぐと目されているパウエルFRB理事が有力とみられている。

オックスフォード・エコノミクス(ニューヨーク)の米国担当チーフエコノミスト、グレゴリー・ダコ氏は今回の結果について、「12月の動きを確認する内容」と指摘。「トランプ氏が明日、(次期FRB議長に)パウエル理事を指名すれば、金融政策の緩やかな正常化を進めるという、年初からみられる現在の方向性維持が示されることになる」と述べた。

今回のFOMCでの決定は全会一致。今回の会合にはランダル・クオールズ副議長が初めて参加。同氏はトランプ氏が任命した初のFRB高官となる。次回のFOMCは12月12─13日に予定されている。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)