[2日 ロイター] - 米交流サイト(SNS)大手のツイッター<TWTR.N>は2日、同社を退職する社員がトランプ米大統領のアカウントを同日に11分間無効にしたと明らかにした。

ツイッターは投稿で「カスタマーサポートの社員が最終出社日に行ったことを確認しており、内部調査を進めている」とし、再発防止に向けた措置を取っていると明らかにした。

ツイッターの担当者はコメントを拒否している。ホワイトハウスからのコメントはとれていない。

トランプ氏はツイッターを通じて多くの情報を発信しており、現在4170万のフォロワーがいる。

トランプ氏はアカウント復旧後の最初の投稿で「素晴らしい減税措置がきょう発表された。ロビー活動家がホワイトハウスに押し寄せているが、共和党は揺らぐことなく米国にとり正しいことを行う」と述べた。