[東京 6日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比73円84銭高の2万2612円96銭となり、続伸して始まった。前週末の欧米株市場が上昇し、ドイツのDAX指数<.GDAXI>が過去最高値を更新したほか、米主要3指数も最高値を更新するなど世界的な株高の流れを背景に、主力輸出株などに買いが先行した。

日経平均は1996年6月に付けた終値ベースのバブル崩壊後高値(2万2666円80銭)に接近している。鉱業、海運が高く、輸送用機器、電機もしっかり。半面、非鉄金属、パルプ・紙はさえない。